着るシーンでどの袴を着るか悩んで選べるのがレンタルの魅力

サイトマップ

hakama

着物や袴はレンタル?購入?

着物や袴について、レンタルがいいか購入がいいかとなると、着るシーンや季節など、様々なケースでレンタルでもOKだし、やっぱり1枚あつらえておくのがいいという着物や袴はあります。
昔はお嫁入り道具として、黒留袖(5つ紋)・色留袖(5つ紋)・色無地(1つ紋)・訪問着・小紋・喪服(和装で冬と夏用両方)とされてきましたが、黒留袖や色留袖は、結婚式ぐらいしか着ないので、きちんと管理しておかないと、金糸・銀糸が他の部位にひっついてしまったり、虫食いを起こしてしまうことがあります。また、喪服に関しても、最近はよっぽどの格式の高いお家での葬儀でなければ着ることがないのと、最近は家族葬が多いので、和装の喪服を着るご家庭は減っています。ですから、レンタルするのなら、黒留袖や色留袖と喪服を必要に応じて借りるといいです。
そして、これは購入してもいいというのは、色無地(1つ紋)・訪問着・小紋です。色無地(1つ紋)であれば、紋が付いていれば、格式があがるので、入学式などに着て行く事ができます。また、訪問着は、入学式などのお子さんの行事はもちろんですが、結婚式で友人として招かれた時に着ることができます。小紋に関しては、カジュアルな柄ならちょっとしたお出かけに名古屋帯と併せてお出かけもできますし、江戸小紋もおすすめです。ですから、着るシーンで、どの着物や袴をレンタルするか購入かを決めるのが大切です。

お祝い事などで着用する男性用袴について

一般的に、成人式などで若者男子などが着る華やかな袴や、お祝い事や祝賀会などにおいて成人の方が着る黒紋袴などをはじめ、様々な男性用のお祝い催し用の袴類がありますが、やはり特別な日に着用する衣類にあたりますので、そうした面を考えてみると、収入が少ない方や若者男子などのようにまだ収入面において余裕とかが無いような方などは、レンタルサービスの利用をしたりするカタチが無難であるような感じがします。
そして購入などによる着用の場合とかよりも、好きな柄物や以前とは違う柄やデザインとかのものなどの着用をしたりする事なども可能であるうえに、購入とかの場合などよりもかなりな低価格でのレンタル料金の相場で借りたりできるなどといったメリットとかがあったりしますので、これらのような点ではオススメかもしれません。
その一方、気に入った柄やデザインの種類の袴地の補正や改造などを施したりする事は出来ない場合とかがあったりしますので、その点については事前に了承をしたりしておく必要性があるかもしれません。それでも気に入ったりしたものがあれば、場合によっては買取りそのものが可能な場合とかもレンタル業者などによってはあったりしますので、そういったサービスなども大いに利用をしたりしていく価値はあります。

袴に借りたいならレンタル時期に注意

最近では卒業式や成人式の袴はレンタルで済ませるというのが一般的です。袴は購入しても保管も大変ですし、何よりも着用する機会が現代ではほとんどありません。また、レンタルなら成人式、卒業式と違った袴をはいて楽しむ事が出来ます。
そんな袴レンタルですが、需要が高まっているからこそ自分の好みの1枚を選ぶためには、レンタルする時期が非常に重要となるんです。成人式は最近では夏に行う地域もありますが概ね1月、そして卒業式は3月ですね。ですから、1月~3月に袴をレンタルしようと思ったら好きな品物を予約する事が出来ない可能性が高くなってしまいます。
袴のレンタルは品数も多く揃えているので、その時期でもレンタルが出来なかったという事はないでしょう。袴ならどれでもいい、そういった考えなら問題は有りません。でも着物や振り袖に似合った自分の好きな袴を選びたいと思ったらもっと早くレンタル予約をするのがお勧めです。時期としては、夏頃から袴のレンタル予約をする人が増え始めます。そのため、好きな袴を絶対にレンタルしたいと思ったなら出来れば秋までには行動を起こしたほうが良いでしょう。
早くレンタルをしたからといって、本番まで自宅で保管しておかなければいけないなんて事もありません。きちんと適切な時期に手元に届くようになっているので安心して早めに行動を起こして下さいね。お店によっては早割特典なども用意されていますからお得ですよ。


とこ都古は京都着物レンタルで種類も豊富な人気のレンタル屋さんです!女性も男性も満足できるプランをご用意しております!値段もお安く設定されているので、ぜひご利用してみてはいかがでしょうか?

TOP