着るシーンでどの袴を着るか悩んで選べるのがレンタルの魅力

サイトマップ

hakama

着物と帯の種類について

着物には大きく分けて「染の着物」「織の着物」があります。一般的に格が高いと言われる「染の着物」は、白い糸を織り上げて一枚の布に仕上げた後、色付けすることによって色や柄を決めたものを言います。対して少しくだけた感のある「織の着物」は、織り上げる前の糸を染めた後、色糸の配置によって柄を決めたもののことを言います。
絹が一般的な「染の着物」の中には、振袖、訪問着、付け下げ、小紋と各種あり、フォーマルな場に相応しい装いの格、そして順番があります。「織の着物」は一般的には紬と呼ばれ、ウール、綿もこれに分類されるものが殆どです。カジュアルな場への装いとされ、高級とされる大島紬といえどもこの中に入ります。帯は着物とは対照的に「織の帯」がフォーマル、「染の帯」がカジュアルと言われています。
「織の帯」は金糸銀糸を織り込み、細かな美しい柄を浮き上がらせている豪奢なもの、「染の帯」は染料によって多彩な柄が描き分けられている柔らかさがあります。組み合わせとしては「染の着物に織の帯、織の着物に染の帯」と言われています。絹の着物に豪奢な金糸銀糸、綿やウールにも合う優しい色合いの帯、という合わせ方があるからでしょう。近年は、フォーマルな場では厳格さを守りつつ、カジュアルな場ではそれ程決まり事を気にしなくなってきているとも言われますが、それは時代の変化に対応していく柔軟さを世の女性が持っているからなのでしょう。

TOP