着るシーンでどの袴を着るか悩んで選べるのがレンタルの魅力

サイトマップ

hakama

着物と帯の選び方

着物は日本の民族衣装ですが、現在では着る方が少なくなりました。それでも、日本女性であるならば一度や二度位は着てみたいもの。そんな方にはレンタルがお勧めです。
購入するよりもずっとお手頃ですし、お手入れの心配もなく気軽に着ることができるからです。化繊の帯ならば個性的な帯結びを楽しむことができます。でも、重厚性を考えるならば着物も帯も化繊のものではなく、古来のきちんとした絹織物などを選ぶことをお勧めします。例えば、化繊の着物は軽いのですが、風が吹くといとも簡単に裾がめくれたり、袖も簡単に吹き上がるくらいです。しかし、正絹の着物ですと着用時に重さを感じますが、その分化繊の着物より落ち着き感があります。そして、記念写真などをとると豪華さが全く異なり、正絹の着物は着る人を豪華にみせてくれるのです。正絹の着物にはやはり正絹の帯や豪華な日本刺繍のものを選びます。
豪華な正絹の着物や帯を購入される方は、古来のシンプルな帯結びをしましょう。何故ならば、個性的な花結びなどをしてしまうと生地や刺繍糸を痛めてしまうからです。個性的な結び方をしたい方は化繊の安価な着物と帯で遊び心を楽しみましょう。豪華な帯も決して変わり結びができないわけではありませんが、大切なものであればシンプルな装いでも着る人を豪華にみせ、また大切に扱うことで高価な着物も次世代へと受け継ぐことができるからです。

TOP